愛車の相場を早めに調べて得をしよう!

あなたは愛車の買取相場額を知っていますか?調べてみるとビックリするほど高く売れることが分かって新しい車へ乗り換えることができるかもしれません。

→車検、5年、5万km前に1度査定を!超えると買取額激減!

トヨタのスポーツモデルであったG’sシリーズはGR(GAZOO Racing)シリーズへと2017年9月より生まれ変わりました。

そのGRシリーズの先駆けとして既に発売されているのがヴィッツGRとヴィッツGRスポーツです。

嬉しいことにどちらも5速MTがラインナップされており、国産車としては数少ないホットハッチバックとして注目を集めています。

この記事ではGRとGRスポーツの違いや、各デザインやスペック、価格についてまとめていきます!

 

他、現行モデルのクラッチ付き3ペダルのMT車の情報は以下の記事を参考にして頂ければ幸いですm(_ _)m

カンレン⇒マニュアル車の現行モデルを総まとめ!~国産から外車まで随時更新~

2017ヴィッツrsのエクステリア

⇒G’sよりも前の5速MTであるヴィッツRSの記事はコチラ

 

GRシリーズのラインナップ

まずGRシリーズですが以下のようにカスタマイズ、チューニング内容によって3段階に分かれています。

トヨタのgrシリーズ

  • GRMN:究極のスポーツモデル
  • GR:本格スポーツモデル
  • GRSPORT:エントリースポーツモデル
  • GRPARTS:気軽に楽しめるアフターパーツ(パーツのみ)

現在ヴィッツでラインナップがあるのはGRとGRスポーツということになります。

スポーツと付いていないGRのほうがカスタマイズ内容がスポーティーで価格も上ということを知っておきましょう!

では、まずGRスポーツ(以下、スポーツ)についての情報をまとめていきます!

スポンサーリンク

ヴィッツGRスポーツ

最初にラインナップですがスポーツではパワートレインが以下のようになっています。

  • ガソリンエンジン
  • ガソリン+モーターのハイブリッド

5速MTを選べるのはガソリンエンジンだけで、ハイブリッドに関しては7速のスポーツシーケンシャルシフトマチック+パドルシフトです。

エクステリア

ヴィッツスポーツのエクステリアです。

通常のヴィッツからはフロント・サイド・リアバンパーが追加されてる他にボディサイドにGRエンブレムや専用デザインのホイールが装着されています。

タイヤ・ホイールは196/50R16タイヤ&6Jアルミホイール(切削光輝+ダークグレーメタリック塗装)。

ヴィッツスポーツのエクステリア

リアには大型のディフューザーと大口径のマフラー、そして中央部にはリアフォグランプを装備してスポーティーな仕上がり。

スポーツヴィッツの後ろ

ボディサイズ

  • 全長×車幅×車高:3930×1695×1500mm
  • ホイールベース:2510mm
  • 車両重量:1030kg

インテリア

インテリアもカーボン調のシートを採用するなどスポーツモデルであることが一目でわかります。

ただ他に目立つ特徴は無いので少し物足りなさを感じるかもしれませんね。

ヴィッツスポーツのインテリア

ハイブリッドモデルではタコメーターが無くなりハイブリッド用のメーターとTFT液晶のマルチインフォメーションディスプレイが追加されます。

ヴィッツgrのハイブリッドのインテリア

剛性パーツなど

スポーツでは単にエアロパーツやインテリアパーツが変わるだけでなく足回りにも独自のカスタマイズが施されてあります。

ヴィッツスポーツの足回り

  1. ロッカーフランジスポット溶接打点追加
  2. フロントスポイラー
  3. ロッカーフィン
  4. リヤホイールハウス前スパッツ

ヴィッツの専用サスペンション

またサスペンションはスポーツ専用のものが採用されています。

GR SPORT 専用チューニングサスペンション

GR SPORT専用のサスペンションのアブソーバーの減衰力とバネ定数をチューニングしてベース車の特性をさらに向上。

アブソーバーのピストン径を拡大することで応答性を高めています。

減衰力のチューニングにより路面の凹凸を気持ち良く吸収しながら、上質でフラットな乗り心地、より楽しめるハンドリングを提供します。

出典:http://toyotagazooracing.com/jp/gr/grsvitz/performance/

ヴィッツGR

ヴィッツGR SPORTSよりも更にスポーティーな仕上がりとなっているのがヴィッツGR!

ラリーで培った叡智の結晶

「操ることの気持ち良さ」をさらに追求した、GR Vitz。

全日本ラリーで培った技術を織り込んだ、レスポンスとパワーを両立した加速フィール。

減速時でもエンジンの高回転をキープ、再加速時のレスポンスを向上。より奥深いチューニングで、軽快な走りの魅力に目覚める。

出典:http://toyotagazooracing.com/jp/gr/grvitz/

エクステリア

スポーツとのパッと見で分かる違いとしてはタイヤ・ホイールのデザインです。

205/45R17 タイヤ(ブリヂストンPOTENZA RE050A)&7J “GR”専用アルミホイール(ダークスパッタリング)+専用センターオーナメントを採用しており、カラーリングはブラックも選ぶことができます。

またリアの大型スポイラーに関しては残念ながらGRでも標準装備ではなくオプションパーツ扱いです。

ヴィッツgrの外観

エクステリア、外装パーツに関してはホイールサイズが16から17にアップした以外にスポーツもGRもあまり変わりはありません。

grヴィッツのリア画像

車高は1cmダウン

GRでは専用サスペンションにより車高がスポーツよりも10mmダウンしています。

  • 全長×車幅×車高:3930×1695×1490mm
  • ホイールベース:2510mm
  • 車両重量:1060kg

インテリア

スポーツの内装との違いとして目立つのは3連メーターのデザインとアルミペダルの採用です。

GRではタコメーターがポルシェと同じようにセンターに配置されています!

  • 専用シルバープレートアナログメーター
  • アルミペダル

ヴィッツgrのインテリア

チューニング内容

スポーツとGRの差別化として大きいのは足回りのカスタマズや溶接スポットの増加が挙げられます。

grヴィッツの剛性とチューニング

  1. ロアアーム
  2. フロントサスペンションメンバー後端ブレース
  3. センタートンネルブレース
  4. リヤフロアブレース
  5. ロッカーフランジスポット溶接打点追加
  6. フロントスポイラー
  7. ロッカーフィン
  8. リヤホイールハウス前スパッツ

ヴィッツgrのサスペンション

サスペンションはGR専用で車高が-10mmダウンとなります。

“GR”専用チューニングサスペンション+SACHSアブソーバー(約10mmダウン)

しなやかな動き出しとキレの良いダンピングが特徴のSACHS(ザックス)アブソーバーを採用。

モータースポーツの本場欧州でも有名なアブソーバーに最適なバネを選定し、まるで路面と対話するような、しなやかな乗り味・走り味をつくり上げています。

出典:http://toyotagazooracing.com/jp/gr/grvitz/performance/

エンジンスペック

エンジンはスポーツとGRで違いありません。

以前のスポーツモデルであるヴィッツRSと同じくNA直列4気筒の1.5Lエンジンが積まれています。

  • エンジン:直列4気筒
  • 総排気量:1496cc
  • 最高出力:109ps(80kW)/6000rpm
  • 最大トルク:13.9kg・m(136N・m)/4800rpm

燃費はHVで30越え

カタログ燃費は以下のようになっています。

GRは燃費が非公表となっていますがエンジンスペックは変わりませんので、ほぼスポーツと同程度の値と考えて問題は無いでしょう。

CVTだと10段階のCVTとなりますので、むしろ燃費は良いかもしれませんね!

  • スポーツ(5速MT):17.2km/l
  • スポーツ(7速CVT):19.6km/l
  • スポーツハイブリッド(7速CVT):34.4.km/l

ヴィッツgrの5速シフトノブ

お値段は200万円から

価格はスポーツが約200万円、ハイブリットとGRで約230万円の価格設定。

  • スポーツ(5速MT・7速CVT):2,087,640円
  • スポーツハイブリッド:2,329,560円
  • GR(5速MT・7速CVT):2,303,640円

値引き方法

Q.トヨタのヴィッツGRを安く買う方法は?

A.トヨタ車のディーラー値引きのコツ&ネットから誰でもカンタンに50万円引きが狙える交渉材料が手に入る方法は、次に紹介する記事にまとめてありますので宜しければご覧下さい!

トヨタの車を安く買おう!ディーラーとネットの裏技5つを大公開!

コンパクトなMT車が欲しい方におすすめ

ヴィッツGRはトヨタ車ということで安心して乗れる扱いやすい車となっています。

マニュアルシフトじゃなくてCVTでも7段or10段の変速がありますし、走りを思う存分に楽しめるモデル!

ぜひ、興味のある方は購入を検討してみてくださいm(_ _)m


れい

車を買い替えるキッカケに!

車の買取額は「3年」「5万km」などを境にガクッと下がってしまいます。

その他にも車検前や少しでも乗換を考えている時には、早めに愛車の相場を調べてみましょう。

思っていた以上に高く売れることが分かって、欲しい車を買うことができたという人がたくさんいます。

まだ査定をしてもらったことが無いという方は、無料カンタン1分で買取相場が分かる⇒車査定比較.comを利用してみて下さい。

ディーラーより50万円も高い価格差が付いたという事例もあり、損をしないためにもオススメのサービスとなっています!

  • 必要な車の情報は4つだけ!
  • メーカーと車種名
  • 走行距離と年式(だいたいでOK)

※12月は年末の買替時期が近く1年で最も高く売れるので、査定するなら今がベストなタイミングです!