愛車の相場を早めに調べて得をしよう!

あなたは愛車の買取相場額を知っていますか?調べてみるとビックリするほど高く売れることが分かって新しい車へ乗り換えることができるかもしれません。

→車検、5年、5万km前に1度査定を!超えると買取額激減!

トヨタカローラは1966年に初代モデルが登場して、2016年となった今では11代目モデルとなった大ベストセラーの車です。

販売台数も1969年から2001年までの33年間連続で日本国内の販売台数第1位を獲得していたという異次元の記録を持っています。

その背景には長年継続して低価格、4ドア、セダンのほかにステーションワゴンも用意などの扱いやすさ、そしてトヨタ製という安心感がありますが、もう1つあるのはマニュアルシフトを絶やさなかったことです(笑)

2012年にデビューした11代目モデルでもカローラアクシオ、カローラフィールダーとセダン、ステーションワゴンそれぞれにMTが搭載されています。

今回はカローラアクシオ5速MTの情報についてまとめていきます。

トヨタの本格スポーツモデル86

スポンサーリンク

カローラアクシオ5速MT!

MTがあるグレード

同じトヨタ社のコンパクトハッチバック、ヴィッツの場合は5速MTがあるのはヴィッツRSというスポーツグレードのみですが、アクシオの場合は言ってしまえば普通のグレードである1.5Xと1.5Gの2つのグレードに設定があります。

2つともCVTか5速MTかを選ぶことができますので、MTだからといって専用のエアロパーツや車高が低くなったりということはありません。

内外装はシンプルな作り

動画内のアクシオはCVTですが、MTモデルでもシフトノブ以外は同じ作りです。

デザインは見事なまでの国産4ドアセダンです(笑)クラウンなどの高級セダンより一回り小さいため、運転しやすくセダンに不便を感じることが無い人であれば、文句の付けようはないでしょう。

インテリアについても実用性重視で、奇をてらった部分は見当たりません。

ベージュシートがお洒落

ダッシュボード、インパネ、シフトノブのインテリア全景です。

2DIN部分にオーディオ、カーナビが無いので余計に地味に見えますが、使い勝手の良さそうなコックピットとなっています。

カローラアクシオ5速MTのインテリア

出典:toyota.jp

何気にシートはフラクセン(ベージュカラー)も選ぶことができるので、少しでも車内を明るくしたい人にはお勧めですね。

ただベージュになるのは本当にシートだけで、その他のドアパネル、インパネ、ピラー部分は真っ黒のままなことに注意。

価格は170万円程度

車両価格は以下のようになっています。

  • 1.5G:1,695,600円
  • 1.5X:1,726,037円

少し割高感はありますがキーレスエントリー、カーテンエアバッグ、安全装備のToyota Safety Sense Cなども付いているので、装備に不満は無いと思います。

Toyota Safety Sense C

Toyota Safety Sense Cは、次の運転支援装置によって運転者を補助し、安全で快適なドライブを支援します。

  • PCS(プリクラッシュセーフティシステム)
  • LDA(レーンディパーチャーアラート/車線逸脱警報)
  • オートマチックハイビーム
  • 先行車発進告知機能

カローラアクシオの値引きと安く買う方法

カローラアクシオはトヨタの4つの販売チャネルのうちカローラ店でしか販売されていませんので、複数のディーラーから見積もりをもらってもあまり効果的ではないかもしれません。

近い地域だと親会社が同じである可能性が高いことから値引き額も一定であることが予想されますが、親会社が違う複数のディーラーから見積もりを取ることができたら、大きな値引きをとることもできるでしょう。

またディーラーに下取に出すより買取専門店に買い取ってもらうことで平均して20万円近く高く売れるので、1度無料で利用できる車買取サービスを使ってみるのも有効な手段です。

愛車の相場を早めに調べて得をしよう!

あなたは愛車の買取相場額を知っていますか?調べてみるとビックリするほど高く売れることが分かって新しい車へ乗り換えることができるかもしれません。

→車検、5年、5万km前に1度査定を!超えると買取額激減!