愛車の相場を早めに調べて得をしよう!

あなたは愛車の買取相場額を知っていますか?調べてみるとビックリするほど高く売れることが分かって新しい車へ乗り換えることができるかもしれません。

→車検、5年、5万km前に1度査定を!超えると買取額激減!

スバルといえばインプレッサ、レガシィを始めとしてスポーティーな車が多くマニュアル車設定も多いメーカーというイメージでしたが、2016年となった今ではほとんどがCVT車となってしまい、レガシィからはMTモデルが消えていました。。。

しかし今回遂にレガシィワゴンの後継者であるレヴォーグにMT設定があるSTiが導入されることが決定しました。

2015年の東京オートサロンで公開された「レヴォーグ S CONCEPT」がMT仕様ということで、こちらのコンセプトカーと共に最新情報をまとめていきます。

カンレン記事→今のスバル車で6速MTがあるフォレスター

※追記2016年7月30日

2016年7月に1.6Lと2.0LのSTIスポーツアイサイトの2グレードが追加されましたが、どちらも変速方式はCVTのみでした。。。MTモデルの追加は噂のみで2016年7月現在のレヴォーグは全モデル、全グレードがCVT車です。申し訳ありませんでした。以下は幻となった情報として見て頂ければ幸いです。

スポンサーリンク

MT車!スバルレヴォーグSTiの最新情報

レヴォーグ S CONCEPT

クラッチペダルのあるレヴォーグ S CONCEPTの紹介動画です。

開発コンセプト

STI コンプリートカーの最高峰モデルである「S」シリーズのコンセプトを、スポーツツアラーであるレヴォーグで表現したスタディーモデル。
吸排気系をはじめ STI で独自にチューニングを行い、圧倒的なパフォーマンスを発揮する 2.0L水平対向直噴ターボ“DIT”エンジンに、6 速マニュアルミッションを組み合わせました。
また、フレキシブルタワーバーをはじめとする STI オリジナルパーツを装着することで、シャシー、ボディをトータルチューニング、スポーツ性能に加え質感高い乗り味と、直進安定性、気持ちの良いコーナリング性能を両立。
「走る愉しさ」と「所有する悦び」を突き詰めた「S」シリーズに相応しい STI パフォーマンスチューニングのコンセプトモデルです。

出典:http://www.subaru.jp/tas2015/detail08.htm

エクステリア

エクステリアについてはまだ詳細は分かっていませんが、ほぼS CONCEPTに近いデザインで発売されることが濃厚です。

コンセプトカーというと奇抜で実現できないような車が多いですが、今回のモデルは市販車をベースにしていますし、あまり大きな変化は無さそうです。

インテリア

なんといっても内装で目に付くのはシフトノブの存在です!ようやくレヴォーグにもCVTだけではなく6速MTが追加されます。

また外観のスバルブルーと相反する、内装の至る所に使われている赤の差し色がスポーティーな車であることを教えてくれます。

レヴォーグのマニュアル車のインテリア

レヴォーグSTiスペック

ボディサイズ

  • 全長:4690mm
  • 全幅:1780mm
  • 車高:1480mm
  • ホイールベース:2650mm

1600ccモデル

  • エンジン:水平対向4気筒DOHC+ターボ(FB16型)
  • 最高出力:170ps/4800-56oorpm
  • 最大トルク:25.5kgf.m/1800-4800/rpm
  • 変速方式:CVTor6速MT

2000ccモデル

  • エンジン:水平対向4気筒DOHC+ターボ(FA20型)
  • 最高出力:300ps/5600rpm
  • 最大トルク:40.8kgf.m/2000-4800/rpm
  • 変速方式:CVTor6速MT

エンジンは1.6Lと2.0Lの2種類が用意されます。2.0Lエンジンは直噴ターボ”DIT”と相まって300psもの出力で日本国内を走るのであれば必要にして十分な数値です。

6速MTでこまめにシフトチェンジ、そして高回転までエンジンを回したい!という方は1.6Lのほうが楽しめるかもという印象です。

価格は322万円~

  • 1.6L:322万円~
  • 2.0L:365万円~

STiの専用パーツ、チューニングが施されるために価格はお手頃とはいきませんが、この価格に見合ってパフォーマンスを発揮することは間違いありません。

スバルでは7月31日まで5万円購入サポート

現在スバルではレヴォーグを購入する方に向けて5万円の購入サポートキャンペーンを実施しており、この期間は2016年5月1日~7月31日までとなっています。

対象車種は「レヴォーグ」となっていることから、グレードやSTiという縛りはないため、活用できるチャンスかもしれません!

発売日は2016年7月か

そして気になる発売日ですが、正式に決まっているわけではありませんが、2016年7月という予想がされています。

今のうちにキャンペーンに応募しておけば早速STiモデルで実質5万円の割引をGETできます。もちろん7月中に発売されたときに限りますが。。。

STi SportはCVT!

5月27日から予約開始されているレヴォーグの最上級グレードである「STi Sport」にはマニュアル設定がありませんのでご注意を!

非常に魅力的なパッケージで、MT好きにとっても欲しい装備・スペックを持ち合わせているのですが、残念ながらリニアトロニック(CVT)のみの設定となっています。

スバルもマニュアル車に再度注力か

スズキやマツダなどマニュアル車の設定が多いメーカーが増えている中で、スバルもレヴォーグにMTを追加してきました。

少しずつではありますがMT車の人気がじわじわ向上していくなかで、スバルも遅れをとるわけにはいかないということでしょう。

小さなメーカーなので車種こそ少ないですが、STiなどの特別車、そして既に情報が出回っている次期新型インプレッサ、フォレスターなど今後もMT設定が増えることは期待できそうです。


れい

車を買い替えるキッカケに!

車の買取額は「3年」「5万km」などを境にガクッと下がってしまいます。

その他にも車検前や少しでも乗換を考えている時には、早めに愛車の相場を調べてみましょう。

思っていた以上に高く売れることが分かって、欲しい車を買うことができたという人がたくさんいます。

まだ査定をしてもらったことが無いという方は、無料カンタン1分で買取相場が分かる⇒車査定比較.comを利用してみて下さい。

ディーラーより50万円も高い価格差が付いたという事例もあり、損をしないためにもオススメのサービスとなっています!

  • 必要な車の情報は4つだけ!
  • メーカーと車種名
  • 走行距離と年式(だいたいでOK)

※7月はボーナス商戦で車の乗り換えが頻繁な時期で車も高く売れるので、査定するなら今がベストなタイミングです!