愛車の相場を早めに調べて得をしよう!

あなたは愛車の買取相場額を知っていますか?調べてみるとビックリするほど高く売れることが分かって新しい車へ乗り換えることができるかもしれません。

→車検、5年、5万km前に1度査定を!超えると買取額激減!

結婚して子供が出来たからミニバンに乗りたい(乗らざるを得ない。。。)けど、どうしてもマニュアル車じゃなきゃ嫌だ!という人にとって車の選択肢は非常に限られます。

2016年時点では国産車でミニバンを買おうと思うと中古車しか選択肢がありませんが、輸入車であればたった1つだけ新車で買える車種があります。

それはルノーのカングー!

売れに売れているトヨタのシエンタやホンダのフリードと同じサイズのコンパクトミニバンなので、実用性もバッチリです!

スポンサーリンク

2016年|ミニバンのMTはルノーカングーだけ!

インテリアとシフトノブ

カングーゼン(6速MT)のインテテリアですが、元々フランスの商用車として開発された車なので、インパネデザインも大人しくシンプルな作りとなっています。

シフトノブはフロアからではなく、フィアット500Sと同じくインパネシフトになっており、好きな人にはたまらない配置です。

また商用車ベースということで、国産車にも負けないぐらいの収納スペースが確保されているのも特徴。

ルノーカングーのインテリア

出典:renault.jp

エクステリア

ヴェルファイア、ヴォクシー、エルグランド、オデッセイなど怖い顔が多いミニバンですが、ルノーのカングーは凄くポップで可愛いデザインです。

ただ残念な点としては明るい色が選べないという点です。

ルノーのイメージカラーであるイエロー(ジョンアグリュム)を含めて輸入車としては多い8色ものカラーバリエーションがあるのですが、どれも白・シルバー・ブラウン・紺色など地味系統です。

せっかくの可愛いデザインなので、ピンクや赤、オレンジなどの派手な色も選びたいところですね。輸入車メーカーお得意の限定台数モデルだと派手な色選べたりしますが。。。

パワートレイン

ルノーカングーゼン(6MT)のエンジンスペックです。

  • エンジン:直列4気筒DOHC16バルブ(H5Fエンジン)
  • 総排気量:1200cc
  • 最高出力:84kW(115ps)/4,500rpm
  • 最大トルク:190N・m(19.4kgm)/2,000rpm

1200ccと低排気量ですが、ターボは付いておらずNAです。

スピードを出したくなる車ではありませんし、大切な家族を乗せてゆっくり安全運転して下さいという感じのスペックです。

ただ最大トルクは2000回転で発揮することができるので、数値以上に運転はしやすいと思います。

ルノー カングー ゼンに、6速MTとともに設定されたH5Fエンジンは、ターボチャージャー付筒内直接噴射直列4気筒DOHC16バルブエンジン。1.2Lの小排気量ながら2.0Lクラスのトルクを実現。最高出力は115ps/4,500rpm、最大トルクは190N・m/2,000rpm。レスポンスよく軽快に回転し、低速トルクがK4Mエンジンに比べ30〜40%増大したことにより、中速域での気持ちよい加速と思い通りのパフォーマンスを約束します。また、その力強い走りは、驚くほど静か。ルノー カングーの走りに新たなテイストをもたらします。また、低燃費に配慮した走行をサポートするECOモードを設定。スイッチ操作でECOモードを設定するとエンジントルクやアクセル操作に対する制御を行うことにより、燃費を通常モードに比べて最大10%低減することが可能となります。

出典:renault.jp

ボディサイズ

  • 全長×車幅×車高:4280×1830×1810mm
  • ホイールベース:2700mm
  • 車両重量:1430kg

車の長さとしては4.5m以下の小さなサイズですが、車幅は1830mmと少し大きめで、ヴォクシー、ノア、ステップワゴンなどのミドルサイズミニバンよりも幅はあることに要注意です。

車両重量は軽めなので、1200ccのNAエンジンでも日常生活で街中を運転する分にはパワー不足は感じないでしょう。

スライドドアのMT車としてもオススメのカングー

フランス本国ではミニバンではなくフルゴネット(ライトバン)というカテゴリーに属する車として扱われていますが、日本ではコンパクトサイズのミニバンとして人気を集めている一台です。

SUV車、そしてスライドドアのMT車も数が少なくなってきた現代ではカングーは非常に価値のある車となっています。

日本販売のカングーの約3分の1はMT設定ということですし、ニッチな顧客層をガッチリと掴んでいることが分かりますね。

ミニバンでもマニュアルに乗りたい!という方には、現状カングーしか選べない状況ですので、うまく同居人・お嫁さんを説得して購入してみてください!?


れい

車を買い替えるキッカケに!

車の買取額は「3年」「5万km」などを境にガクッと下がってしまいます。

その他にも車検前や少しでも乗換を考えている時には、早めに愛車の相場を調べてみましょう。

思っていた以上に高く売れることが分かって、欲しい車を買うことができたという人がたくさんいます。

まだ査定をしてもらったことが無いという方は、無料カンタン1分で買取相場が分かる⇒車査定比較.comを利用してみて下さい。

ディーラーより50万円も高い価格差が付いたという事例もあり、損をしないためにもオススメのサービスとなっています!

  • 必要な車の情報は4つだけ!
  • メーカーと車種名
  • 走行距離と年式(だいたいでOK)

※1月は買替時期と重なり1年で最も高く売れるので、査定するなら今がベストなタイミングです!