今でこそスポーツカーのラインナップが減ってしまった日産ですが、かつては様々なスポーツカーがありマニュアル車も豊富でした。

そこで今回は改めてですが日産がかつて販売していたスポーツカー、クーペでマニュアルトランスミッションの設定がある車種を紹介していきます。

記事の最後には中古車を保証付きでお得に買う方法も!

スポンサーリンク

スカイライン

R32 GT-R

r32のgt-r

日産のスポーツカーと言ったらGT-Rを無くして語れません!

1989年に登場したBNR32型のスカイラインGT-Rは当時の自動車馬力規制値上限の280psというスペックを誇った本格的なスポーツカー。

トランスミッションは5速MTのみという男気溢れる設定。

 

現在でも根強い人気を誇る車種で中古車市場で高騰中!

その理由の1つにアメリカなど海外での評価が近年高くなっているというのも挙げられます。

特にフルノーマル状態の車両に関しては500万円以上の価格がつくことも。。。

  • エンジン:V型6気筒DOHC
  • 総排気量:2568cc
  • 最高出力:280ps(206kW)/6800rpm
  • 最大トルク:36.0kg・m(353.0N・m)/4400rpm
  • ボディサイズ:4545×1755×1340mm
  • ホイールベース:2615mm
  • 車両重量:1480kg

R33 GT-R

r33のgt-r

伝説的な車種となっているR32に比べて影が薄いのがR33のGT-R。

後継車種なので走行性能、スペックなどあらゆる面で進化を遂げているのですが

  • 洗練されすぎてつまらない
  • デザインがださくなった
  • 4ドアのGT-Rがある時点で駄目
  • 速いし良くできてるけどパッとしない

などなど手厳しい意見を多く集める車になってしまいました。

R32が洗練されて無駄のないデザイン、運転していて最高に楽しい車だったのに対して、R32は良くも悪くも高級スポーツカー的になってしまいましたからね。

このモデルから4速、5速のATもラインナップされています。

  • エンジン:V型6気筒DOHC
  • 総排気量:2568cc
  • 最高出力:280ps(206kW)/6800rpm
  • 最大トルク: 37.5kg・m(367.7N・m)/4400rpm
  • ボディサイズ:4675×1780×1360mm
  • ホイールベース:2720mm
  • 車両重量:1530kg

R34 GT-R

r34のgt-r

R32、R33と続いたGT-Rの集大成とも言えるのがR34!

ボディ剛性を大幅に高め4輪マルチリンクサス、4WDなどを採用し走行の安定感を高めて、ただ早いだけの車では無くあらゆる面でトップクラスの性能を誇る車へと進化しました。

エンジンは2.6Lの直列6気筒+ツインターボを積んだRB26DETT型。

その他、当時としては異例のカーボンパーツによる軽量化、ショックアブソーバー、四輪操舵システムのスーパーHICASなど最新技術を惜しみなく搭載!

欠点としてはGT-Rの歴代モデルにも言えることですが、維持費の高さですね。。。

  • エンジン:V型6気筒+ツインターボ
  • 総排気量:2960cc
  • 最高出力:280ps(206kW)/6800rpm
  • 最大トルク:40.0kg・m(392N・m)/4400rpm
  • ボディサイズ:4600×1785×1360mm
  • ホイールベース:2665mm
  • 車両重量:1540kg

シルビア

S15

s15シルビア

価格だけで見たら立派な高級車だったGT-Rは当時の若者からすると憧れの存在でした。

そんな手が届かない憧れに対して、手が届く存在だったのが5ナンバーサイズの2ドアクーペであるシルビアです!

 

S15型は洗練されたデザインに加え、チューンナップやエアロパーツの豊富さなどから改造車両のベースとしても大人気。

車両価格も安かったことから多くの若者が手を出して、改造して日本全国を走りまくりました。

 

その結果、事故率が異常に高い車として認定され任意自動車保険の金額が滅茶苦茶高くなったという伝説を持っています。。。

詳しくは以下の記事にまとめてあるので、宜しければご覧くださいmm

S15シルビア・中古車で良状態を探す方法!燃費・維持費・税金まとめ

S14

S14シルビアはR33 GT-Rと同じく不遇の車です。

前モデルのS13シルビアより1周り大きくしたボディサイズが仇となり、面白みがなくなったとか散々な言われました。

この反省点を生かしたのかS15型は、原点回帰を行い5ナンバーサイズの車格に戻しましたね。

  • エンジン:直列4気筒
  • 総排気量:1998cc
  • 最高出力:160ps(118kW)/6400rpm
  • 最大トルク: 19.2kg・m(188.3N・m)/4800rpm
  • ボディサイズ:4520×1730×1295mm
  • ホイールベース:2525mm
  • 車両重量:1190kg

S13

5代目s13シルビア

バブルを象徴するスポーツカーであり、スペシャリティカーのS13。

歴代シルビアの中で最も売れた車で、当時は女性にモテる車の代名詞とまで言われました。

トヨタのセリカと同じくデートカーとして人気を得た車です。

  • エンジン:直列4気筒
  • 総排気量:1998cc
  • 最高出力:140ps(103kW)/6400rpm
  • 最大トルク: 18.2kg・m(178.5N・m)/4800rpm
  • ボディサイズ:4470×1690×1290mm
  • ホイールベース:2475mm
  • 車両重量:1130kg

180SX

180sx

180SX(ワンエンティーエスエックス)はシルビアではありませんが、S13型シルビアとプラットフォームや各パーツを共有している兄弟車種です。

フロント部分はS13シルビア、リアは180SXのシルエイティーなる改造車種も話題となり、日産が商標登録するまでに至りました。

  • エンジン:直列4気筒DOHC
  • 総排気量:1998cc
  • 最高出力:140ps(103kW)/6400rpm
  • 最大トルク: 18.2kg・m(178.5N・m)/4800rpm
  • ボディサイズ:4520×1690×1290mm
  • ホイールベース:2475mm
  • 車両重量:1200kg

フェアレディZ

Z33

z32フェアレディ

価格帯で言えばGT-Rとシルビアの間に位置するのがフェアレディZ!

Z33型はコンパクトなボディに、V6の3.5LのNAエンジンを積んでいる本格的なスポーツクーペです。

日本車としては珍しくクーペだけでなくコンバーチブルタイプもありましたね。

  • エンジン:V型6気筒DOHC
  • 総排気量:3498cc
  • 最高出力:313ps(230kW)/6800rpm
  • 最大トルク:36.5kgm(358Nm)/4800rpm
  • ボディサイズ:4315×1815×1315mm
  • ホイールベース:2650mm
  • 車両重量:1480kg

Z32

Z32のフェアレディZはランボルギーニ・ディアブロとヘッドランプが同じものを採用していることで有名ですね。

ランボルギーニのディアブロ

こちらがディアブロのヘッドランプ!

ディアブロには手が届かなくてもZ32型でランボルギーニ気分を味わうことができます(笑)

見た目はフェラーリに似てますけどね。

  • エンジン:V型6気筒DOHC
  • 総排気量:2960cc
  • 最高出力:230ps(169kW)/6400rpm
  • 最大トルク: 27.8kg・m(272.6N・m)/4800rpm
  • ボディサイズ:4305×1790×1245mm
  • ホイールベース:2450mm
  • 車両重量:1440kg

保証付きの中古車を探そう

今回紹介した車種は中古車でしか買うことができませんし、スポーツカーということで改造歴や修復歴がある個体がほとんどを占めており、なかなか良い状態の車両は見つけにくいのは事実です。

ただネットから利用できる中古車検索サービスを使えば、あなたが希望する条件で探してくれます。

中古車情報サイトには掲載されていない非公開車両が60万台以上もあり、この車も含めてあなただけに情報提供をしてくれるので、今まで探していたけど見つからなかった条件でも見つけることができます!

  • フルノーマルのスポーツカー、マニュアル車を探しているけど見つからない
  • どうせ見つからないと思って諦めている
  • 限定グレード、限定モデルが欲しいけど自分で毎日チェックするのは面倒

このような悩みを持っている方は1度、なびくる+の中古車無料お探しサービスを利用してみてはどうでしょうか?


⇒【無料】中古車検索サービス「なびくる+」はコチラから

GT-R、シルビア、フェアレディZなど良状態、フルノーマル車両が見つけにくい車種を探す場合は、特におすすめのサービスです。