愛車の相場を早めに調べて得をしよう!

あなたは愛車の買取相場額を知っていますか?調べてみるとビックリするほど高く売れることが分かって新しい車へ乗り換えることができるかもしれません。

→車検、5年、5万km前に1度査定を!超えると買取額激減!

クラッチ踏んだりギアをガチャガチャしながら運転していると同乗者によく言われるのが「マニュアル車なら眠くならないでしょ?」ということです。

睡眠というのは個人差が大きいので一概には言えませんが、個人的な見解についてサラッと書いていこうと思います。

ATだから眠くなるんだ!MTに乗り換えよう!という理由でMTを検討している方の参考にはなるかもしれません(笑)

スポンサーリンク

マニュアルトランスミッションと運転中の眠気

慣れるまでは眠くなりません

僕自身免許をとったのが10年以上前で、すぐにMT車(トヨタ・ZZT231セリカ)に乗り始めたので慣れるまでの間隔を忘れてしまいましたが、この新鮮な頃に眠くなった記憶はありません。

まあAT・MTというよりも免許取り立ての初心者だったので、運転自体に緊張していたというのが大きいかもしれませんが(x_x;)

セリカという車種は一般的に見ればスポーツカー、車好きの方から見ると単なる2ドアクーペという車でしたが、クラッチは教習者より重かったので大変だったという記憶はあります(笑)

慣れるとすぐに眠くなる

気が付けば運転にもMTにも慣れてしまいましたが、この頃からすでに運転中の睡魔に悩まされていました。

  • 音楽の音量を上げても眠い
  • 窓を開けても眠い
  • 車内カラオケすると疲れて余計に眠い
  • そしてクラッチ&シフトノブ操作を必要以上にやっても眠い!!

某企業の工場で2交代制の勤務(昼勤と夜勤)についていましたが、地獄だったのは夜勤明けに車を運転して家まで帰るときでした。

片道1時間30分程度掛かっていたので、とにかく眠くて眠くてつらかったです。

信号が青になっても居眠りをしていたため気が付かずに後ろの車にクラクションを鳴らされたことも何度もありました(x_x;)

もはや発進もしていませんので、マニュアルであろうがオートマであろうが関係ない話ですけど。。。

結論としてはATで眠くなる人はMTでも慣れたら眠くなるということ!

クラッチの構造

平和な勤務の今でも眠い

さすがに夜勤明けのたびにクラクションを鳴らされていては危険すぎますし、何より工場勤務というハードなお仕事は僕には向いていませんでしたので半年で辞めました。

10年以上が経過した今は工場を脱出して日勤のみのお仕事に就いていますが、地獄のような睡魔はないものの眠くなる時は眠くなってしまいます(笑)

笑い事ではありませんが、、、定時の午後5時30に帰る運転中でも心地よい眠気がね!

全身+脳をフル回転+事故を起こすと大変なことになる!のにも関わらず眠くなってしまうというのは不思議なものですね。

  • 右腕はハンドル
  • 左腕はシフトノブ
  • 右足はアクセル&ブレーキ
  • 左足はクラッチ
  • 脳はギアチェンジのタイミングを計算している

眠くなりにくいのが正解

慣れとは怖いものでMTであろうと睡魔は襲ってくるのが正解(僕だけかもしれません)ですが、眠くなりにくいというのも正解だと思います。

仕事でたまに4速ATの軽に乗ることがあるのですが、別に疲れても寝不足でもないのに運転して5分も立たずして眠くなってしまいますからね!

ミニはゴーカートフィーリングだとか言いますが、軽のATは正に遊園地のゴーカートそのものな気がします(笑)

アクセルペダルを踏めば走り出しますし、止まりたいならブレーキ踏むだけですし、何より運転している感覚がゴーカートです。

眠くなったら休憩&仮眠!

さっきから僕自身のどうでもいいエピソードや眠い眠いとしか言ってないですが最後にまとめです。

ATだろうとMTだろうとドライブ中に眠くなったら休憩もしくは仮眠をとってください!

軽い眠気であればガムでも噛んで窓を開けて自然を感じれば多少は改善できますけど、なにより安全が第一なので休憩できるのであれば身体を休めてあげてください。

ボトルタイプならドリンクホルダーにピッタリはまりますし、すぐにガムにアクセスすることが可能です(笑)


れい

車を買い替えるキッカケに!

車の買取額は「3年」「5万km」などを境にガクッと下がってしまいます。

その他にも車検前や少しでも乗換を考えている時には、早めに愛車の相場を調べてみましょう。

思っていた以上に高く売れることが分かって、欲しい車を買うことができたという人がたくさんいます。

まだ査定をしてもらったことが無いという方は、無料カンタン1分で買取相場が分かる⇒車査定比較.comを利用してみて下さい。

ディーラーより50万円も高い価格差が付いたという事例もあり、損をしないためにもオススメのサービスとなっています!

  • 必要な車の情報は4つだけ!
  • メーカーと車種名
  • 走行距離と年式(だいたいでOK)

※1月は買替時期と重なり1年で最も高く売れるので、査定するなら今がベストなタイミングです!