国産車、輸入車ともに新車というのはディーラーの営業マンやあなたの交渉次第で、実際に支払う価格がかなり変わってきます。

同じ車種を同じディーラーから買ったのにAさんは30万円値引きだったのに、Bさんは10万円しか値引きが無かったというのも良くある話ですね。

このページでは新車を買う時に損をしない方法、そして高額値引きをしてもらうポイントをまとめて紹介していきます!

スポンサーリンク

新車を安く買うためのポイントと下準備

見積は複数のディーラーに依頼する

最初に紹介するのは新車を買う上で定番の方法ではありますが1つのディーラーだけではなく、複数のディーラーから見積もりを取って下さい。

注意点としてはディーラーを経営している会社も調べて置いて下さい。

例えば愛知県の日産だと4つの会社がディーラーを経営しています。

  • 愛知日産自動車株式会社
  • 東愛知日産自動車株式会社
  • 三河日産自動車株式会社
  • 日産プリンス名古屋販売株式会社

東京都のマツダだと

  • 東京マツダ販売株式会社
  • 株式会社関東マツダ
  • マツダオートザム

そして厄介なのが世界のトヨタですが、車種ラインナップが多いのでディーラーの種類だけで4つに分かれていますね。

  • トヨタ店
  • カローラ店
  • トヨペット店
  • ネッツ店

ここから更に会社が別れていって、例えば大阪府のネッツ店だけで5つの会社があります。

  • ネッツトヨタ新大阪
  • ネッツトヨタ大阪
  • ネッツトヨタ南海
  • ネッツトヨタニューリー北大阪
  • ネッツトヨタ中央大阪

単純にディーラーとは言ってもメーカー、地域によって様々な会社が経営しているので、見積をとる場合にはココまで紹介してきたように、別の会社のディーラーで複数とるようにして下さい。

例えディーラーは違っても経営している会社が愛知日産だった場合には、あまり金額に差が生まれません!

日産車の購入を検討している場合は三河日産と日産プリンスのディーラーから、マツダ車はマツダオートザムと株式会社関東マツダのディーラーからといった具合に、あなたの地域に近いところから違う会社の販売店から見積を依頼するようにするのが効果的です。

輸入車ディーラーも意外と多い

そして輸入車の場合はディーラー数の割に販売店会社がたくさんあったりします。。。愛知県のBMWディーラーの販売会社は以下の5つです。

  • 名鉄BMW
  • ヤナセBMW
  • 名古屋南BMW
  • Ai motoren BMW
  • 株式会社サン・モトーレン

ディーラーの数は22に対して販売会社は5つなので、国産車メーカーよりも1つの会社あたりで経営している数は少ないですね。

ただベンツ、アウディ、フォルクスワーゲンといったドイツメーカーこそ増えては来ていますが、輸入車ディーラー自体は少ないですよね。

近くに違う会社の販売店があれば、複数見積もりを取っても良いかもしれませんが、イタリア車のアルファロメオ、フランス車のプジョーやルノーなどはわざわざ遠方に出向いてまで見積もりを取るのはオススメしあません。

値引きして欲しいのバレバレですし、イタフラ車の故障リスクを考えると主治医となるディーラーはなるべく自宅から近いのがベストと言えるでしょう。

あなたの車の買取額を調べておく

色々なディーラーに出向くのが面倒という人は、今お乗りになられている車の買取価格の相場を調べておくことで交渉を有利に進めることができます。

新車価格を値引きすることはできなくても、愛車の買取額を上げてもらうことで実質10万円~70万近くまでお得に買うことが可能となります。

多くの人が新車に乗り換えるときにはディーラーに下取額の査定をしてもらい、そのまま引き取ってもらいますが愛車の相場を知っておくことで誰でもカンタンに交渉できてしまいます!

れい

私の車はいくらで買取ってくれますか?

営業

90万位ですが頑張って100万でどうですか?

れい

相場だと120万ぐらいだと思うんだけど。。。

営業

・・・上司と相談してきます

このような感じでもしあなたが相場を知らなかった場合、営業トークにあっさり騙されてしまい、かなりの金額を損したまま売ってしまうことになります。

損をしないためには必ず愛車の買取相場を調べることができる、インターネットを使った無料一括査定サービスを利用することをオススメします!1分で終わるカンタン入力だけ即、相場価格が表示されます。



→車査定比較.comで一括査定を依頼する

ディーラーでの買取額より車査定比較.com(専門店)での買取額のほうが平均して約20万円も高いため、多くの人は専門店に売ることを選択しています。

ディーラーはあくまでも新車を売るのがお仕事なので、買取できなかったからといって、嫌な顔をすることはありませんので安心して下さい(笑)

特別仕様車や限定モデル、高級車、輸入車であれば70万も高く売れることもありますので、今は買い替えるつもりがない人でも買取相場を知ることで買い替えるキッカケとなったいう人も続出しています。

ライバル車種を用意しておく

この方法も誰しもがやっている方法ですね!既に意中の車は1つだけという人でも他社のライバル車種の購入も検討しているということは営業マンに伝えて下さい。

もう決めています!という買う気マンマンのお客さん相手には無理な値引きをする必要はないので、本来30万円まで用意してた値引き幅を10万円で抑えられてしまうという可能性も秘めていて、あなたが損をするだけとなります。

交渉術の基本中の基本だからこそ必ず行って下さい!以下、ライバルとなる競合車種の例を紹介しておきます。

ミニバン

  • トヨタ:ボクシー、ノア、エスクァイア
  • 日産:セレナ
  • ホンダ:ステップワゴン

コンパクトカー

  • トヨタ:アクア、ヴィッツ
  • 日産:マーチ、ノート
  • ホンダ:フィット
  • マツダ:デミオ

セダン

  • トヨタ:クラウン
  • レクサス:IS
  • BMW:3シリーズ
  • アウディ:A4
  • メルセデスベンツ:Cクラス

愛車を高く売って得をしよう

営業マンとの交渉が苦手な方でも、今の愛車を高く売ることはインターネットから無料で依頼をするだけなので非常にカンタンな事と言えます。

  • メーカー名
  • 車種名
  • 走行距離
  • 年式

必要なものは以上のたった4つの情報だけですので、車に詳しくない人でも問題はありません!

まだ1度も一括査定を利用したことが無いという方は、これを機会にぜひ1度申し込みをしてみることをオススメします。


れい

車を買い替えるキッカケに!

車の買取額は「3年」「5万km」などを境にガクッと下がってしまいます。

その他にも車検前や少しでも乗換を考えている時には、早めに愛車の相場を調べてみましょう。

思っていた以上に高く売れることが分かって、欲しい車を買うことができたという人がたくさんいます。

まだ査定をしてもらったことが無いという方は、無料カンタン1分で買取相場が分かる⇒車査定比較.comを利用してみて下さい。

ディーラーより50万円も高い価格差が付いたという事例もあり、損をしないためにもオススメのサービスとなっています!

  • 必要な車の情報は4つだけ!
  • メーカーと車種名
  • 走行距離と年式(だいたいでOK)

※12月は年末の買替時期が近く1年で最も高く売れるので、査定するなら今がベストなタイミングです!