愛車の相場を早めに調べて得をしよう!

あなたは愛車の買取相場額を知っていますか?調べてみるとビックリするほど高く売れることが分かって新しい車へ乗り換えることができるかもしれません。

→車検、5年、5万km前に1度査定を!超えると買取額激減!

ホンダといえば、かつては「タイプR」を筆頭にスポーティーなイメージが強かったですが、ここ最近はどちらかというとファミリーカー層向けのミニバンや、売れに売れているNシリーズの軽などに力を入れてきました。

しかしオープンスポーツカーの軽自動車「S660」、そしてハイブリッドスーパーカーとして復活した「新型NSX」など徐々にではありますが、走りを楽しめるモデルも多くなってきており、来年2017年には「S1000」という「S660」の普通車バージョンを発売する予定となっています。

今回はそのホンダが発表する「S1000」についての最新情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

2017年発売|ホンダS1000の最新スペック情報まとめ

エクステリア

S1000の外観に関する情報はまだほとんど出回っていませんが、S660をベースにしたデザインであることは車種名からも間違いは無いでしょう。

軽自動車から普通車となるので、もちろんボディサイズは一回り大きくなり、ボディサイズの制限もなくなるので、より本格的なスポーツカーとなる可能性をも秘めています。

S660は軽自動車規格に収める必要があったため、走りという点ではどうしても物足りなさも出てきていました。

こちらは数少ないS1000の予想デザインを紹介している動画です。

この予想デザインはかなりカッコイイですね。サイドのエアインテークや今時珍しい大型リアスポイラーなど男心を擽ります。

インテリア

インテリアに関してもほとんど情報はありませんが、こちらもS660がベースになることは間違いなさそう。

普通車モデルの2ドアクーペということで、実用性・機能性はもちろんのこと、ラグジュアリー感も求められます。

本革シート、ウッドパネルなどを採用したモデルの登場にも期待です。

またS660の市販車バージョンには採用されず、コンセプトカー止まりだったセンターインパネ部分のタッチスクリーンがS1000では遂に採用されるかもしれません!?

エンジン・パワートレイン

エンジンは車種名の通り1000ccの直列3気筒VTECにプラスしてターボを追加で、予想されている最高馬力は120~138ps程度です。

新型シビックとエンジンは共有するようで1000cc以外にも1500ccのガソリンモデル、そしてヨーロッパで使用している1600ccのディーゼルモデルも用意があるかもしれません。

駆動方式はMR、変速はATとMT

プラットフォームはS660もしくはシビックとの共有の可能性が高いため、駆動方式もこれによって変わってきます。

変速方式についてはCVTだけでなく、6速MTが用意されることは間違いないでしょう。

その他、強化サスペンションや空力抵抗値(Cd値)がS660より向上され、全体的な性能・スペックも1段階上のレベルになります。

ライバル車種

S1000のライバル車種としては以下が挙げられます。各メーカー、スポーツモデルにも再度力を入れるようになってきた中で、競争は熾烈な物となっています。

  • マツダ:ロードスター(RHT)
  • トヨタ:86
  • スバル:BRZ
  • スズキ:スイフトスポーツ

発売は2017年か

まだ正式に発表されたわけではないので、発売日もまだ未定ですが早くて2017年となりそうです。

価格についてもS660が1,980,000円~ということで、S1000になると2,480,000円~というのが濃厚です。

今はホンダからの公式発表を待つしかありませんが。。。


れい

車を買い替えるキッカケに!

車の買取額は「3年」「5万km」などを境にガクッと下がってしまいます。

その他にも車検前や少しでも乗換を考えている時には、早めに愛車の相場を調べてみましょう。

思っていた以上に高く売れることが分かって、欲しい車を買うことができたという人がたくさんいます。

まだ査定をしてもらったことが無いという方は、無料カンタン1分で買取相場が分かる⇒車査定比較.comを利用してみて下さい。

ディーラーより50万円も高い価格差が付いたという事例もあり、損をしないためにもオススメのサービスとなっています!

  • 必要な車の情報は4つだけ!
  • メーカーと車種名
  • 走行距離と年式(だいたいでOK)

※7月はボーナス商戦で車の乗り換えが頻繁な時期で車も高く売れるので、査定するなら今がベストなタイミングです!