愛車の相場を早めに調べて得をしよう!

あなたは愛車の買取相場額を知っていますか?調べてみるとビックリするほど高く売れることが分かって新しい車へ乗り換えることができるかもしれません。

→車検、5年、5万km前に1度査定を!超えると買取額激減!

BMWのMモデルとは量産車(ベースグレード車両)を本格的な高性能スポーツカーとしてチューニングされた車のことを言います。

そのMモデルですが2016年現在、日本の正規ディーラーから購入できるマニュアルトランスミッション搭載の車両はたった1つしかなく、それはBMW M4クーペ(F82)です。

2013年から今までセダン、ツーリング(ステーションワゴン)、クーペというラインナップだった3シリーズからクーペが独立した1つのシリーズとなったのが4シリーズ。

残念ながらクーペ、グランクーペ、カブリオレ含めて素の4シリーズは全て8速ATですが。。。

スポンサーリンク

2016BMW M4クーペのスペックまとめ

エクステリア

BMW好きなら誰もが一目見て分かるフロント、サイド、リアのエアロパーツがMモデルであることを主張しています。

リアのマフラーは左右2本ずつの計4本出しのエキゾーストテールパイプ、しかも切り口が斜めという拘り!文句なく格好いいです。

インテリアはカーボン調

内装はBMW共通のデザインをベースにしていますが、軽くて強度が確保されているカーボンを至る所に使用しており、スポーティーな雰囲気を演出しています。

黒一色なのにカッコよく見えるのはさすがBMW!これが国産車だと「地味」の一言で片づけられてしまいますが。。。
BMWm4のインテリアはカーボン

出典:www.forcegt.com

強烈なパワーがスタイルに映し出されている。BMW M4 クーペの持つ無限のパフォーマンスはあらゆるディテールに見て取れます。フロントで視線を釘付けにするエア・インテークは、ハイ・スピードで走り抜ける際、膨大な量のエアを取り込み、M のパワー・ユニットの性能を引き出します。

その逞しいパワー・ドームは、圧倒的なパワーを秘めた直列6気筒M ツインパワー・ターボ・エンジンの輪郭を鮮やかに描きます。伸びやかなボンネットからリヤへと美しく流れていくクーペ・ラインがスポーティな個性をひときわ際立たせています。サイドに目を向ければ、M サイド・ギル一体型のエア・ブリーザーがサイド・ビューに躍動感を与え、エア・カーテンとともに優れたエアロダイナミクスをもたらします。キドニー・グリルにはブラックのペイントが施された M ダブル・バーを採用。M サイド・ギル、M ドア・ミラー、M デュアル・ツイン・エキゾースト・テールパイプといったディテールが、BMW M4 クーペにダイナミックなスタイルを与え、見る者の瞳に強い印象を刻みます。

出典:http://www.bmw.co.jp/ja/all-models/m-series/m4-coupe/2014/design.html

DCT版の試乗動画

こちらは高級輸入中古車販売店のロペライオチャンネルから。6速MTではなく、7速DCT車両の試乗動画ですがM4の魅力が存分に伝わる動画となっています。

ボディサイズ

  • 全長×車幅×車高:4685×1870×1385mm
  • ホイールベース:2810mm
  • 車両重量:1610kg

2ドアクーペではありますが、ベースが3シリーズということで車体は長め。

車幅は1870mmと大き目、車高は低めで使い勝手より安定性重視のパッケージング。

エンジンスペック

  • エンジン:直列6気筒Mツインパワーターボ
  • 総排気量:3000cc
  • 最高出力:317 kW 〔431 ps〕/7,300rpm
  • 最大トルク:56.1kgm(550N・m)/1850~5500rpm
  • 0-100km/h:4.1s

昨今では珍しい3.0LのV6エンジン+ターボの高出力エンジンです。

エンジンルームにもカーボンが多く使われており、軽量化のボディ剛性の向上の両立を実現しています。

車両価格は1000万越え

新車での価格設定は10,750,000円~と高額ですが、スペックを見ると納得の価格せざるを得ない価格。

ベンツ、アウディには無い2ドアクーペ

メーカーとしての最大のライバルであるメルセデスベンツには現在、MT車(2016年7月時点)はありませんし、アウディに関してもコンパクトハッチバックのS1だけです。

 

信頼性が高く車としての性能に優れるドイツ車で綺麗な2ドアクーペに乗りたいのならM4一択の状況。

誰しもが購入できる車ではありませんが、所有を狙える方がいたら是非一度検討してみてはいかがでしょうか?


れい

車を買い替えるキッカケに!

車の買取額は「3年」「5万km」などを境にガクッと下がってしまいます。

その他にも車検前や少しでも乗換を考えている時には、早めに愛車の相場を調べてみましょう。

思っていた以上に高く売れることが分かって、欲しい車を買うことができたという人がたくさんいます。

まだ査定をしてもらったことが無いという方は、無料カンタン1分で買取相場が分かる⇒車査定比較.comを利用してみて下さい。

ディーラーより50万円も高い価格差が付いたという事例もあり、損をしないためにもオススメのサービスとなっています!

  • 必要な車の情報は4つだけ!
  • メーカーと車種名
  • 走行距離と年式(だいたいでOK)

※7月はボーナス商戦で車の乗り換えが頻繁な時期で車も高く売れるので、査定するなら今がベストなタイミングです!