007でお馴染みのイギリスの高級スポーツカーメーカーであるアストンマーチンが7速マニュアルトランスミッションを搭載した車を発売しました。

その車種は「V12ヴァンテージS」で、従来はダブルクラッチ(DCT)でも無くて、一昔前のイタリア車やコンパクトカーで採用されたシングルクラッチのセミATである「7速Sportshift Ⅲ」のみという設定でしたが、2017年モデルでは無償のオプション扱いとして7速MTが選べるようになりました。

車好きであれば1度は乗ってみたいアストンマーティンの7速MT車!その最新情報をまとめていきます!

スポンサーリンク

 V12ヴァンテージS!7速MTのスペックまとめ

美しいエクステリア

アストンマーティンの魅力はなんといっても気品あふれる優雅なデザインですが、V12ヴァンテージに関しては独特のカラーリング、そしてシンプルなボディラインで、従来のアストンの車種と比較するとエレガントさには欠けるのかもしれません。

アストンマーティン公式動画のV12ヴァンテージSは、エアインテーク周囲、ドアミラー、サイドスポイラーは黄色に塗装されていて、かなり奇抜な感じに。

真正面から見るとタラコ唇のお魚にも見えなくはないです。。。

内装はアストンらしく本革とピアノブラック基調

アストンマーティンと言えば高級感のある内装も忘れてはいけません。

革張りのダッシュボード、ピアノブラックのインパネをベースとしてドアパネルなどにはカーボンを使用。

上品でありながらもドラマチック。V12 Vantage Sには、まったく新しいインテリアデザインのオプションが用意されています。新しいトリムレイアウトを採用するライトウエイトおよびスポーツシートは、形状を見直したドアデザインと対比する形で、はっきりとしたカラーコントラストが与えられました。オプション設定されるカーボンファイバー・パックは、フェイシアとドアパネルに最高品質の網目カーボンを使用。細部にまでこだわりたい方は、ペダルさえもオプションでブラック仕上げにすることが可能です。

出典:https://www.astonmartin.com/

意外と短いボディサイズ

  • 全長×車幅×車高:4385×2022×1250mm
  • ホイールベース:2600mm
  • 車両重量:1665kg

車の長さ的には4385mmとコンパクトな大きさに。

車幅はドアミラーを含めた数値となっています。

エンジンはV12気筒

  • エンジン:V型12気筒
  • 総排気量:5935cc
  • 最高出力:571ps/6650rpm
  • 最大トルク:620N・m/5500rpm

アストンマーティンv12ヴァンテージsのエンジン

世界最先端の技術から生み出される比類なきパフォーマンス。V12 Vantage Sはすばらしい数値を達成しています。V12 Vantageからさらに11%増強された571PSのパワー。9%増加して620Nmとなった最大トルク。15kgの軽量化と相まって、パワーウエイトレシオは10%以上も向上しています。

最高速度はじつに328km/h。V12 Vantage Sは、アストンマーティン史上最速の量産車なのです。

出典:https://www.astonmartin.com/

→3年、5万km前に愛車を査定で50万円得をする

独自の7速MTシフトパターン

V12ヴァンテージSのシフトパターンは7速MTを他に採用しているポルシェ・991シボレー・C7コルベットとは異なり、1速がリバースの下にあって、2速~7速でH型のパターンシフトを形成しています。

v12ヴァンテージSの7速シフトパターン

出典:https://www.cnet.com/

1速がHパターンから外れていることをドッグレッグ・パターンと言うそうです。文字通り犬の尻尾のように離れているからでしょうか。

V12 Vantage Sの潜在力を引き出すために特に設計された、7速AMTトランスアクスル・ギアボックスのSportshift III。2017年モデルでは、オプションとしてマニュアルシフト・トランスミッションが復活し、デジタル世界における究極のアナログ体験を創りだしています。

エンジン高速回転時におけるシームレスなギアシフト。軽いタッチの先進的パドルシフトが、最大限のドライバーコントロールを提供する一方、新たなマニュアル・トランスミッションによって、ドライバーと車・路面間の手応えある最高の操作感が得られます。

Vantage GTプログラムから誕生したこのトランスミッションは、モータースポーツの技術とレーシングカーの能力を公道へと引き出してみせます。

出典:https://www.astonmartin.com/

価格は2千万超え

最後にお値段ですが23,050,000円[税込]となっています。

7速MTを搭載している量産車の中では最も高い金額!1番安いコルベットでも1000万円は超えますけどね。。。

いつの日か7速MTがお求めやすい価格でも買えるような時代になることを期待しましょう!?


れい

車を買い替えるキッカケに!

車の買取額は「3年」「5万km」などを境にガクッと下がってしまいます。

その他にも車検前や少しでも乗換を考えている時には、早めに愛車の相場を調べてみましょう。

思っていた以上に高く売れることが分かって、欲しい車を買うことができたという人がたくさんいます。

まだ査定をしてもらったことが無いという方は、無料カンタン1分で買取相場が分かる⇒車査定比較.comを利用してみて下さい。

ディーラーより50万円も高い価格差が付いたという事例もあり、損をしないためにもオススメのサービスとなっています!

  • 必要な車の情報は4つだけ!
  • メーカーと車種名
  • 走行距離と年式(だいたいでOK)

※8月はボーナス商戦で車の乗り換えが頻繁な時期で車も高く売れるので、査定するなら今がベストなタイミングです!